AIに奪われそうな職業

目次
  1. AIとは??
  2. 代替可能性の高い職業
  3. 代替可能性の低い職業
  4. まとめ

まず、AIとは??

人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。

 

AIに代替可能性の高い職業と低い職業を紹介していこうと思います。

【代替可能性の高い職種】
一般・経理事務員、受付係、クリーニング取次店員、建設作業員、自動車組立工、自動車塗装工、スーパー店員、タクシー運転者、宅配便配達員、電車運転士、路線バス運転者、通関士
 

【代替可能性が低い職種】
アートディレクター、インテリアコーディネーター、フラワーデザイナー、メイクアップアーティスト、映画監督、クラシック演奏家ゲームクリエーター、テレビタレント、はり師・きゅう師、美容師、保育士、マンガ家、ミュージシャン、経営コンサルタント産業カウンセラー中小企業診断士

 

この結果を見て、人を相手にする職業は代替がなかなか難しいので、可能性は低くなっています。現在の予想では、10-20年後、約半分の仕事がAIに代替されてしまうという予想がされているので、将来のことも考えて就職するべきだと考えます。