米国で多発している スピアーフィッシングとは?

アメリカの卒業シーズンは5、6月です。この時期に生徒が学校のデータベースにハッキングするということが多く発生しています。

その理由はなぜか?

→自分の成績や他人の成績などを不正に書き換えるためです。

 

ハッキングするための手段として多く使われているのがスピアーフィッシングと言われています。

さて、スピアーフィッシングとは何か?

フィッシング詐欺と呼ばれるインターネット詐欺の事で、特定のターゲットに呈して重要なデータや個人情報を奪おうとする手法です。

 

簡単に言うと

→学校関係者のふりをして、先生からパスワードを聞き出そうとするような感じです。